2007年11月30日

風邪。

少し前から風邪をひいてしまいまして、とうとう今日は仕事をお休みしてしまいました。

昨日は熱があったのですが、今日はもう回復傾向にありますグッド(上向き矢印)


というわけで、今日は動物たちの風邪について書こうと思います位置情報



動物たちの風邪の症状には、鼻水、くしゃみ、せき、食欲不振、呼吸が苦しくなる、などがありますが

動物の場合、悪寒、倦怠感などの初期症状を訴えることができません。

なので、飼い主は症状が進んで、体力が衰えて初めて気付くことが多いのです。

「ただの風邪」でも、命にかかわることもあります。

(以前うちにいたシマリスは細菌感染が原因で脳に障害を残しました。)

風邪のウイルスは、人間から動物へ感染しないものが多いそうです。

ただ、まったくうつらないわけではないので、注意が必要です。


鳥はインフルエンザに注意が必要です。

最近ではカラスからもトリインフルエンザが検出されていますし、

人から鳥への感染は、可能性は低いですが、ないとはいえません。

感染の予防と同時に、ビタミンなどの豊富なエサを与え、ストレスを減らし、免疫力を高めた方が予防には効果的です。


SSC_0050.JPG



フェレットはインフルエンザに感染することが知られています。

大人のフェレットの場合は、インフルエンザにかかっても人間よりむしろ軽症のことが多く、

「クシャミしているな」と思っていると1週間程度で治ってしまうことがあります。


SSC_0054.JPG



モルモットは鼻カゼをひくことが多いようです。

比較的軽症のうちに治ることが多いようですが、

予防のため、ビタミンCを多く含んだエサやサプリメントで、免疫力を高めておいた方がよいでしょう。


SSC_0053.JPG



シマリスは春になると、手乗り用に幼いシマリスが輸入されてきますが、

かなり幼い状態で輸入されるので、鼻カゼでもすぐに重態になります。

大人になると風邪をひくことは少ないようです。


SSC_0052.JPG



風邪の予防法

@ウイルスを持ち込まない

 まずは飼い主が風邪をひかないことexclamation×2


Aウイルスは湿度に弱い
 
 湿度の高い環境(湿度40%以上)では感染率が下がると言われている。


B乾燥はのどの敵

 適度な湿度がのどや鼻の粘膜の水分を適切に保つ働きもある。


C湿度は高く、風通しはよく

 加湿器などで室内全体の湿度をあげ、ケージの中は風通しをよくした方がよい。


D換気も十分に

 定期的な換気が必要ですが、動物に直接寒風をあてないようにする。


E免疫力を高める

 免疫力を高め、体力をつけておくことで、感染しにくくし、

 たとえ感染してしまっても乗り越えることができるようにする。



風邪と診断された場合、ケージを暖かく保温して、栄養のあるものを食べさせましょう。

食欲の減退による体力低下を防ぐために、太りすぎなんか気にしないで好物を与えましょう。

※下痢したり、吐いたりしない程度に。

発熱によって脱水症状を起こすこともあるので、飲み水が不足しないようにします。

動物は人間のように汗をかきませんが、呼気から水分が蒸発してのどが渇きます。



風邪に負けないために、普段から免疫力を高め、体力をつけて健康を維持することが大事です。

また、具合の悪いときに飼い主がそばにいると落ち着ける、という状態をつくるために、

日ごろから動物に頼られる信頼関係を築いておくことも重要です。


(以上、アニファ12月号より)




そんなわけで、ウイルスを持っている私はマスクをしながら動物たちと接していますダッシュ(走り出すさま)

みなさんも風邪には十分にご注意くださいバッド(下向き矢印)


SSC_0048.JPG





ニックネーム Stitch at 14:24| Comment(3) | マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

ダイエット終了!?

1ヵ月程、ダイエット休止していたチャーです。


SSC_0334.JPG

こんにちわ。外は寒いね。

冬でも陶器のおうちが好きなチャー雪


そろそろ再開しなきゃな〜と思い、体重測定してみたところ・・・

なんと580g

1ヶ月前の体重は616gだったので、1ヶ月で36gも減ってますexclamation×2


これにはびっくりあせあせ(飛び散る汗)

食欲がなくなったりはしていなかったので顔(なに〜)

やっぱりゴンちゃんのことがストレスだったんだね。。


というわけで、チャーのダイエットは休止のまま。

というか終了exclamation&question

しばらく様子見て、また増えてきたりしたら始めようと思いますグッド(上向き矢印)


見た目はそんなに減ったようには見えないのにね顔(汗)


SSC_0333.JPG




少し前に葉つき大根を買ったので、葉っぱを干して乾燥させてみました四葉


SSC_0331.JPG


チャーは気に入ったようで、よく食べまするんるん


SSC_0332.JPG

運動のあとのおやつは最高だね!!


そうそう、よく動いてよく食べて、健康でいてくださいねグッド(上向き矢印)



この角度だとちょっとスリムに見えるかなexclamation&question


SSC_0335.JPG





応援よろしくお願いします四葉

SSC_2096のコピー.jpg

ニックネーム Stitch at 11:08| Comment(6) | チンチラの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

思うこと。。

最近(前から?)思うことがあります。

富士サファリパークから帰ってから、さらに強く思いました。。


うちの子たちって・・・おっきくない!?


うちの子たちというか、リスたちとモモなんですけどたらーっ(汗)



リスでも年上2匹、特にチップexclamation×2


下の子たちはこんな感じで下


SSC_0304.JPG

クマハナクマ


SSC_0303.JPG

クマウッディクマ


小柄でスマートな体型をしていますグッド(上向き矢印)

たぶんこれが標準というか、シマリスの体型だと思いますGood


それに比べてチップは・・・


SSC_0302.JPG


おっきくないexclamation&questionexclamation&question

シマリスの大きさじゃないと思うんですけど顔(汗)


デールさんは下


SSC_4492.JPG


全体的に丸いー(長音記号2)


タイガーだし、うちの子たちは部屋で遊ばせるという習慣がないため、

ケージの中で動いてもらうか、おやつを減らすかしかダイエット方がありませんたらーっ(汗)

下の子たちはよく食べ、よく動いていて健康的なのでいいのですが、

上の子たちはよく食べる…寝る…なので、どうしようもありませんバッド(下向き矢印)

態度もデカいし図体もデカいダッシュ(走り出すさま)



そして、さらに大きいのはモモちゃんexclamation×2


久々に体重測定してみたところ・・・


SSC_0306.JPG


1296g!!

女の子の標準体重は700〜900g

重すぎですたらーっ(汗)

こりゃぁ本格的にダイエットしてもらわなくちゃあせあせ(飛び散る汗)

どおりで富士サファリパークで触れ合った子たちは小さくて軽いな〜と思ったわけですふらふら


SSC_0307.JPG

おやつは〜??


体重計に乗ればおやつもらえると思ってるモモちゃん。。

くれないと分かると自分からおうちへ戻っていきましたー(長音記号2)


チャーに続き、モモもダイエット開始ですダッシュ(走り出すさま)


チャーはゴンちゃんのことでいろいろあってから体重を測っていませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

今、どうなってのかな。。

食欲もあるし、減ってはいないと思うけどたらーっ(汗)

チャーの体重測定は次回発表したいと思いますグッド(上向き矢印)


うちの子たちのおやつ食べすぎは誰に似たんだろな〜(たぶん私ですたらーっ(汗)




応援よろしくおねがいしますexclamation×2

ranking.jpg
ニックネーム Stitch at 14:30| Comment(6) | いろいろ登場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

富士サファリパーク 〜ふれあい編〜

サファリパークと言えばライオンなどがいるサファリゾーンが有名ですが、

ふれあいゾーンもかなり楽しめるところでした顔(笑)



まずはカンガルーとのふれあい揺れるハート


カンガルーさんたちにエサをあげながらふれあうことができますグッド(上向き矢印)


SSC_0269.JPG


手から食べてくれるし、なでても全然気にしない子もいてかなり人馴れしてました四葉


SSC_0270.JPG


エサを持ってるとおねだりしに来ます顔(イヒヒ)


大きなカンガルー同士(男の子かな?)、プロレスしてましたパンチ


SSC_0268.JPG


人の近くでやり始めるのでちょっとびっくりexclamation×2

こんなにカンガルーと触れ合えるなんて思ってなかったので、感動しましたぴかぴか(新しい)

おかげでエサをたくさん買ってあげてしまいましたダッシュ(走り出すさま)



お次はミーアキャットるんるん


SSC_0271.JPG


たくさんいて、どの子もほんとにかわいくて、写真いっぱい撮っちゃいましたハートたち(複数ハート)

岩場に立って辺りを見回しているのは警戒しているらしいのですが、

陽が出てくるとみんな日向に集まって日光浴を始めます晴れ


SSC_0272.JPG


ミーアキャットのエサも買ってあげましたが(園長が)、エサはなんとミルワームどんっ(衝撃)

しかも生きてるバッド(下向き矢印)

飼育員のお姉さんは普通に手で触っていましたが、私は見るのも嫌ですあせあせ(飛び散る汗)

ちなみに園長も手であげてました…

信じられません…

私は一つだけスプーンであげて見ましたが、本当に嫌でしたあせあせ(飛び散る汗)

やらなきゃいいって話ですがたらーっ(汗)


SSC_0273.JPG


ミーアキャットたちは悪い顔して食べてましたよ〜顔(汗)



こちらはカピバラさん四葉


SSC_0276.JPG


マーラさんと同じところにいましたるんるん


SSC_0275.JPG



さんも顔を出しておねだり中ダッシュ(走り出すさま)


SSC_0277.JPG



リスザルさんはトンネルみたいなところへ入って、かなり近くで見れました目


SSC_0278.JPG



仲良しカバさん


SSC_0274.JPG




こんな感じでふれあいゾーンではたくさんの動物と触れ合えまするんるん

もっとたくさんいたのですが、写真がうまく撮れなかったり、人が多かったりで紹介できませんでしたたらーっ(汗)

フェレット、チンチラ、シマリス、モルモットもいたんですグッド(上向き矢印)

モルモットはウサギさんと一緒に抱っこできるところがありましたかわいい

フェレットは2匹で寝てるだけ眠い(睡眠)

シマリス、チンチラは1匹で、ガラスのケースにいましたー(長音記号2)

フェレットもふれあえたらよかったのに…なんて思ったりヤギ



動物との距離が近くて、触れ合えたりエサあげられたり、とっても楽しめる動物園でした顔(笑)

今度は暖かい季節に行きたいと思います雪




応援よろしくお願いしますクマ

SSC_0282のコピー.jpg
ニックネーム Stitch at 16:11| Comment(4) | 動物園レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士サファリパーク 〜サファリ編〜

昨日、富士サファリパークへ行ってきました〜るんるん

小学校低学年の頃に行って以来ですっごく久し振りダッシュ(走り出すさま)


行きは前方に富士山を見ながらのドライブ車(セダン)

天気も良かったのでキレイに見えましたぴかぴか(新しい)

周りの山も色づいていて、行きのドライブだけでかなり満足していました紅葉


朝6時半ごろ家を出て、8時過ぎに到着位置情報

9時開園でしたが、もう車の列が出来ていましたよグッド(上向き矢印)



そして、最初はジャングルバスに乗ってサファリゾーンへ顔(笑)

マイカーでも回れるのですが、バスに乗るとクマ、ライオン、ラクダにエサをあげられるのですエサ


クマゾーン


クマさんにはリンゴとにんじんをあげましたグッド(上向き矢印)

金網を二つ挟んで、長いハサミのようなものであげるのですが、あまりの近さに大興奮ダッシュ(走り出すさま)


SSC_0261.JPG


食べているところは撮れませんでしたが、近いことが分かっていただけるでしょうか目

クマさん、意外と走るのが速くて、100メートル8秒で走っちゃうそうですexclamation×2


ライオンゾーン


こちらはほんとにすごい迫力exclamation×2


SSC_0262.JPG


SSC_0263.JPG


ちょっとアップで撮りすぎましたあせあせ(飛び散る汗)

ちなみにライオンさんたちにあげたエサは国産牛ハツぴかぴか(新しい)

いいもん食べてるんですね〜Good



トラゾーン

トラは寝てても歩いててもすごい迫力でしたダッシュ(走り出すさま)

ここにいたのはシベリアトラという種類で、立ち上がると3mにも達するんですって右斜め上


SSC_0264.JPG


後ろ姿しか撮れませんでしたたらーっ(汗)



チーターゾーン


スリムな体に、小さな顔がとってもかっこいいチーターさんグッド(上向き矢印)


SSC_0266.JPG


走ると時速100`、瞬間的には120`にまで達するそうですあせあせ(飛び散る汗)

100メートルは3秒で走っちゃうらしい顔(なに〜)


SSC_0265.JPG


ちょっとだけ早歩き程度に走ってくれました顔(笑)



その後、ゾウゾーン一般草食ゾーン山岳草食ゾーンへと続きましたー(長音記号2)

が、動きながらなので思うように写真が撮れませんでしたふらふら



SSC_0267.JPG


シロサイさん四葉

少し遠かったので大きさはよく分かりませんでしたが、群れでみんなのんび〜りしてましたー(長音記号2)



SSC_0279.JPG


フタコブラクダさん四葉

ラクダさんにはペレットのような丸いエサをあげましたるんるん

やっぱり近づいてくるとかなり大きかったですグッド(上向き矢印)



SSC_0281.JPG


最後はキレイなフラミンゴさん四葉

フラミンゴさんは敵が近づいたらすぐに逃げられるように、1本足で立っているらしですー(長音記号1)

こんなにキレイなピンク色をしていますが、赤ちゃんの頃はグレーのような毛色だそうひらめき

お母さんが甲殻類などをエサにしているのでミルクが赤くなり、その色素によってだんだんとピンク色になるらしいですかわいい


他にもたくさん動物がいましたが、遠かったり動いてたりで、うまく撮れませんでしたバッド(下向き矢印)

それに、私が興奮していたのもあると思いますが…たらーっ(汗)

もっとうまく撮れるようになりたいですexclamation×2


バスに乗ると、エサをあげられるし、運転手さんが色々解説をしてくれるし、おススメですGood

写真を撮るならマイカーの方がいいと思うので、1回目はバスに乗って、2回目はマイカーでって感じだとさらに楽しめるかもるんるん

私たちもマイカーでもう一回行こうと思ったのですが、すごくなが〜い列ができていたので諦めましたたらーっ(汗)


でも思った以上に楽しめたのでよかったです顔(笑)

もっとカメラの腕を磨いて、また挑戦したいですカメラ



「ふれあい編」へ続きます右
ニックネーム Stitch at 15:23| Comment(0) | 動物園レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

いつもいっしょ♪

最近のララとラテヤギ

もちろんケージが一緒なので、一緒に過ごす時間は多いのですが、

なんだかと〜っても仲良しなんです顔(チラッ)



まず、ケージから出したら2人でイタズラ開始どんっ(衝撃)

押入れの扉を開けたり、かばんの中に入り込んだりー(長音記号1)


SSC_4665.JPG


とにかく、共同作業が多いんですexclamation×2

1人を押入れから引っ張り出したと思ったら、もう1人が中に入っていったり…たらーっ(汗)

1人で2人の相手をするのは大変ですふらふら



一通りイタズラし終わったら、バトル開始パンチ

これも毎日決まって行われますダッシュ(走り出すさま)


SSC_4663.JPG


SSC_4664.JPG


2人ともひどい顔顔(イヒヒ)

毎日プロレス観戦しているようですグッド(上向き矢印)

勝ち負けはつきませんが、最後の方はバトルに疲れたラテをしつこいララが追いかけ回しているので、ララの勝ちなのかな顔(ペロッ)



そして、遊び終わった後のお楽しみるんるん(これは毎日ではありません)


SSC_4672.JPG


園長によるおやつタイムるんるん



こんな感じでララとラテはほとんど一緒に行動してます犬(足)

性格は正反対というくらい違うのですが、その方がいいコンビになるんでしょうか四葉

それに、暑い時はすぐにバテてお休みしていたラテも涼しく(寒く)なってからかなり元気になりましたグッド(上向き矢印)

暑いのが苦手だったみたいです雪

そのおかげでララが1人で遊ぶ時間が減りましたGood

ラテがレオの分まで元気になったようで、なんだかうれしく思うこの頃です顔(笑)






応援よろしくお願いしまするんるん

SSC_4390のコピー.jpg
ニックネーム Stitch at 14:27| Comment(4) | フェレットの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

再開します!!

ゴンちゃんがお☆さまになって2週間。

レオがお☆さまになって6日経ちました。

徐々に2人がいない生活を受け入れられるようになって来ました。


先週の土曜日にレオとお別れをし、家には小さな骨壷が二つ並んでいます。

2人の写真も飾って、毎日話しかけています。

写真を見ていると、2人がいた時のことを思い出し、もう触れないんだと思うと悲しくなってしまいます。

でもきっと今は2人とも、ごはんやおやつをいっぱい食べて、お友達と一緒に楽しく遊んでいるでしょう。


2人にしてきたこと、してあげられなかったことを思うと、悔やむこともありますが、2人も私たちも精一杯がんばったんだと思うようにしています。

そうでないと、2人とも気になって楽しく遊べないんじゃないかと思って。


コメントをくださった皆様、影で応援してくださった方々、本当にありがとうございます。

皆様のコメントを何度も読み返し、励まされ、ブログを再開しようと思うことができました。

本当に感謝しています。


これからも楽しいことばかりではないと思いますが、できるだけ楽しいことが続くように祈りつつ、ブログ更新していきたいと思います。

これだけ悲しいことが続いたので、しばらくは何もないと思いますが…


これからも、うちの子たち共々よろしくお願いします。



最後に、ゴンちゃんとレオのお気に入りの写真を載せますグッド(上向き矢印)


黒ハートゴンちゃん黒ハート


SSC_3244.JPG


私たちの前ではチャーを避けるような行動を取っていることが多かったゴンちゃんダッシュ(走り出すさま)

ちゃんとこっそりラブラブしてました顔(イヒヒ)

チャーとのお別れ、辛かったと思うけど、チャーが太りすぎないように見守っててね〜パンチ



黒ハートレオ黒ハート


SSC_4390.jpg


レオは走るのがとっても速くて、おもちゃを運ぶのが日課でした晴れ

手術の後も、傷口をかばいながらおもちゃを運んでいましたダッシュ(走り出すさま)

最後の方は走ることもできなかったけど、今頃は元気に走り回って、大好きなおもちゃを運んでいるのかな犬(足)



2人と過ごした日々は大切な大切な宝物ですぴかぴか(新しい)

絶対に忘れませんexclamation×2

少しでも多くの方々に覚えていていただけたら幸いです四葉





応援よろしくおねがいしますかわいい


にほんブログ村 小動物ブログへ


banner2.gif

ニックネーム Stitch at 12:02| Comment(10) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

お知らせ。

昨日、15日の朝、レオはお☆さまになりました。

4歳2ヶ月。

うちに来てから8ヶ月半。

短い間でしたが、私たちにとって大切な家族で、宝物でした。


13日の夜から14日の朝に、色の薄いうんちをしました。

胆汁がうまく流れていないことを表すものでした。

14日の午後、病院へ行き、検査をしました。

胆管が詰まってしまっていて、消化できずに何度も嘔吐を繰り返し、

脱水症状と循環不全を起こしていました。

胆管にはやっぱり、石のようなものができていました。

入院をして点滴を打つか、皮下点滴をしてもらって自宅へ連れて帰るか。

入院となると最低2〜3日は帰って来られず、いつ急変してもおかしくない状態なので、自宅で看取られたいかどうかも考えて、と言われました。

その先生の言葉を聞いて、皮下点滴とステロイドの注射を打ってもらい、自宅へ連れて帰ることにしました。

皮下点滴はうまく吸収したようでしたが、やはりごはんをあげても吐いてしまい、夜には呼吸がとても早くなっていました。

苦しくて寝られないのか、ハンモックに入れてあげてもずっと起きていました。

夜中には頭を後ろに反るようにしてスースー呼吸をし、手をもがくように動かしていました。

朝方になると目も虚ろで、ほとんど動けなくなり、苦しみながら息を引き取りました。

呼吸ができなくて苦しくて、どうにか息をしようと最後までがんばっていました。


うちに来てからは闘病でつらいことばかりでした。

やっと楽になれたかな。

でも、もっとレオと一緒にいたかった。


最後まで底力を見せてくれたレオ。

レオに出会えてよかった。

短い間だったけど、色んなものをもらいました。


ずっと一緒に病気と闘って来たため、今は心にぽっかり穴が空いてしまったようです。

レオのことを思うと涙が出てきて止まりません。

本当にレオのことが大好きでした。


今まで応援してくださった方々、本当にありがとうございました。


ブログは少しの間お休みします。

落ち着いたら再開しようと思います。

コメントも返せなくてすみません。
ニックネーム Stitch at 12:02| Comment(11) | フェレットの病気・通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

ダックスープ、再び!!

いろんな問題を抱えているレオくん。

病院に行った日から食欲がなく、元気もなく、下痢が続いていますバッド(下向き矢印)


これがステロイドの副作用exclamation&questionと思い、病院の先生に電話して聞いてみました。(先生、何度もすみません。)


ステロイドを飲み始めて最初のうちは、食欲がアップしたり、下痢が治ったり…と今のレオとは逆のことが起こるそうなんですひらめき

副作用が出てくるのは、飲み続けてしばらくしてからのこと。

なので、レオの今の症状は他に原因があります。

腸炎を起こしてるか、胆汁の分泌がうまく行かず消化不良を起こしているか…

レオは色んなところで問題が起きているので、原因を特定するのが難しいのですが。


私の予想は、胆管の結石(?)が問題なんじゃないかと思います。

土曜日にエコーに写った塊のせいで胆汁がうまく流れずに、消化不良を起こしているんじゃないかと。

この胆管の問題は、今のところどうにもできません。

先生から提案された、胆汁をたくさん作るお薬で結石を押し流してしまうという方法は、賭けみたいなもの。

うまく流れてくれればいいですが、さらに胆汁が胆管に溜まってしまえばもうダメです。


とりあえず、下痢などが続くようだったら病院に来てくださいと言われました。



食欲がなく、カリカリごはんをほとんど食べていないので、またダックスープに頼ることにしましたexclamation×2

またまた、愛情いっぱい込めて作りましたよハートたち(複数ハート)


寝ていたレオを起こして、食べさせました。


SSC_4628.JPG


久しぶりに見た、がっつくレオですダッシュ(走り出すさま)


でもやっぱり少食でしたバッド(下向き矢印)

前みたいにちょっとずつ食べる量増えて行ってくれればいいなグッド(上向き矢印)


今、ほとんど食べず、吐いたりしてるので、お腹がぺこんぺこんなんですもうやだ〜(悲しい顔)


SSC_4629.JPG


見た目でも痩せてしまったのが分かります。


食べ終わった後はすぐお休みの体勢眠い(睡眠)


SSC_4631.JPG


部屋に出しても寝る場所を探すだけで、遊んだりしません。


昨日は、ちょっと食べてくれただけでもよかった〜なんて思っていましたが…

今日の朝、レオのケージには吐いた痕がバッド(下向き矢印)

色はまさしくダックスープですたらーっ(汗)


そしてバイト&活性炭をあげましたが、こちらは食べてすぐに吐き出してしまいました顔(なに〜)


レオの体は何も受け付けてくれないのでしょうか。。

今日は病院がお休みなので、明日連れて行こうと思います。


食欲が戻って、また元気いっぱい走り回れるように、なんとかしてあげたいですexclamation×2





応援よろしくお願いしますダッシュ(走り出すさま)

SSC_4218.jpg
ニックネーム Stitch at 10:48| Comment(8) | フェレットの病気・通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

新たな問題が!!

昨日はレオの5回目のリュープリン&血液検査の日でした注射

そして、問題が続々と・・・


SSC_4602.JPG


その前に、先月にかかった風邪のその後。

感染症にかかると増える白血球の数値が正常に戻っていましたグッド(上向き矢印)

こちらは回復したようです顔(笑)


腎臓の数値も問題なしGood


問題はここからバッド(下向き矢印)

まずは肝臓。

今まで胆管のこともあり、肝臓の数値が少し高めだったのですが、

これが一気に正常値より低くなってしまいました右斜め下

下がったのはいいのですが、下がり過ぎ。

これは胆管のことも絡んでいるようです。


そしてその胆管の状態。

今年の5月に発見した胆管の肥大ですが、

今まではエコーで見ると黒く影ができていました。

黒い影は液体です。

それが今回は白い影が写っていたんですあせあせ(飛び散る汗)

白い影は固体のもの。

先生曰く、胆管の中に泥(胆泥)もしくは石(胆結石)ができてしまったようなんです。

これが溜まり続けたら・・・

治療法としては、肝臓の働きを良くして胆汁の分泌を促し、泥か石を押し流してしまうという方法があるそうです。

この方法でうまくいけばいいのですが、ただでさえいつ破裂するか分からない状態のところで、少しでも胆汁が溜まってしまえばどうなるか。

放って置くこともできないのですが、賭けのような治療はしたくありません。


そして、もう一つ大きな問題が起きました。

血糖値が低下し、低血糖の状態になっている、というのです。

正常値は94〜134。

前回が90で少し低めという状態だったのが、今回は74にまで下がっていました。

低血糖にはいろいろな原因があるそうですが、インスリノーマ(膵臓の腫瘍)の疑いが濃いそうです。

インスリノーマは副腎腫瘍と併発しやすい病気だと言っていました。

最近、レオは嘔吐や下痢をよくしていました。

これも低血糖によるものだと思います。


治療法は3つあり、まず一つ目がステロイドの投与です。

ステロイドの投与によってインスリンに対する抵抗性をつけ、血糖を増加させることができますが、

あくまで血糖の維持が目的で、腫瘍に対しては効果がありません。

さらにステロイドは副作用が強く、副作用が原因で死に至ることもあるそうです。

腫瘍が悪化すればそれに合わせて投与量を増やす必要があり、副作用も引き起こしやすくなります。

でも、低血糖の方が緊急で命に関わるので、ステロイドの投与をやめることはできません。


二つ目の方法は手術です。

手術では膵臓の腫瘍を取り除くことになりますが、膵臓は3分の1しか切除することができず、完全に腫瘍が取り除けない場合もあります。

また、完全に腫瘍を取り除いたとしても、約7割の確立で再発してしまいます。

さらに、腫瘍を取り除いた後、高血糖になる場合があり、通常は一時的な反応ですが、永久的な高血糖による糖尿病になってしまう可能性もあります。


三つ目はジアゾキシドの投与です。

この薬は日本で認可されていないもので、海外からの輸入が必要となり、金額もステロイドの約10倍になります。

海外ではインスリノーマの第一選択治療薬として使われていて、副作用が少なく、インスリンの分泌を抑えることができます。


まずは、ステロイドを低容量で1週間投与して、様子を見ることになりました。

1週間後再検査をし、状態が安定しているかを確認します。


今回の検査結果は、とっても辛いものでした。

状態が安定してきたかと思えば、新しい問題が出てきて・・・

レオは充分がんばってるのに、これ以上つらい思いさせるのは嫌です。

でも、放って置くことはできません。



昨日のレオは、夜、薬を飲ませるために起こした後も遊ぶことなくまたすぐに寝てしまいましたバッド(下向き矢印)


SSC_4603.JPG


風邪をひいてしまってから、体力がかなり落ちました。

昨日は通院で疲れてしまったんだと思います。


今日の朝起きたら、レオのケージの中や周りに吐いたものが飛び散っていました。

しかも、今までにないくらい大量に吐いてしまったようです。

量もたくさんだし、飛び散ってるし、相当苦しんだんだろうな。

昨日の夜にステロイドをあげて、激しい嘔吐があったということは、

これが副作用なのでしょうか。

これが続くんだったら、他の方法を考えなくてはいけません。



どうか、レオがまた部屋を元気に走り回れる日が来ますように。

少しでもレオの苦しみが減りますように!!




応援よろしくお願いしますexclamation×2

SSC_4218.jpg
ニックネーム Stitch at 15:53| Comment(5) | フェレットの病気・通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お別れしてきました。

昨日、ペット霊園へ行き、ゴンちゃんの火葬をしてきました。

箱の中にお花と、ゴンちゃんのために注文していたフードとおやつを入れてあげました。

最後のお別れをする時、霊園の方が箱いっぱいにお花を入れてくれました。

たくさんのお花に囲まれたゴンちゃんはとっても女の子らしくてかわいかったです。

その最後の姿が忘れられません。

動かなくて冷たくなってしまっていたけれど、安らかに眠っているように見えました。

やっぱり最後は悲しくて泣いてしまったけれど、お花に囲まれたゴンちゃんを見て少しだけ笑顔になれました。

今頃、ベビーと一緒に楽しく過ごしているのでしょうか。

そうだといいな。



お骨は持ち帰り、家でもお線香をあげました。


SSC_4605.JPG


写真はこれから現像します。



ひとりになってしまったチャーは、落ち着かない様子です。


SSC_4608.JPG


ゴンちゃんを探してるのかな。

掃除しても、すぐにケージの中を荒らしてしまいます。


SSC_4606.JPG


急にひとりになって、寂しいんだよね。

チャーもゴンちゃんが大好きだったもんね。

大好きでちょっかい出しすぎて、怒られたりしてたもんね。


チャーをお骨の前に連れていってあげたら、じっとおとなしくしていました。

ゴンちゃんがいること分かったのかな。



かわいいコメントを下さった皆様へかわいい

温かい励ましのコメントありがとうございます。

皆さんのコメントを読む度に涙が出てきてしまいますが、とてもうれしかったです。

他の子たちのためにもゴンちゃんのためにも、元気出してがんばります。

ゴンちゃんはきっとベビーと一緒に、私たちのことを見守っていてくれますよね。

これからも悔いの残らないよう、うちにいる子たちに愛情を注いで行きたいと思います。

また今週からブログも更新していきます。

みなさんのところへもうかがいますので、宜しくお願いします。



ゴンちゃん、短い間だったけど、絶対忘れないからね。

チャーやうちの子たちのこと、見守っていてね。


SSC_4604.JPG
ニックネーム Stitch at 11:49| Comment(6) | チンチラの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

ごめんね。

昨日の夕方、ゴンちゃん、亡くなりました。

私が夕方帰宅した時にはもう動かなくなっていました。

触ったらまだあったかかったです。


なかなか元気にならず、薬も飲んでくれなかったので、月曜の夜に病院へ電話をして色々聞きました。

ゴンちゃんは病院へ行って帰って来てから元気がなくなったので、ストレスが影響しているようでした。

先生は通院のストレスだったら1〜2日で元気になると言っていました。

流産、ストレスなどで、体力的にも精神的にも弱っていたんだと思います。

だからなんとかお家で診てあげたい、と思いました。

病院に行くことが大きなストレスになるし、もうちょっと家でがんばりたいと思いました。


でも、やっぱり良くはならなくて。

月曜はキャベツだけは食べてくれました。

砂浴びも何とかしていました。

でも火曜にはキャベツも食べてくれなくて、砂浴びもゴロンって転がることができなくて。

もう家では限界かな、病院連れて行かなきゃ、と思っているところでした。


水曜の朝、お薬あげてるとき、嫌がってキックしたり、イヤイヤしたりしてました。

まだ抵抗する力は残っていたんです。

お薬の時間はゴンちゃんにとってかなりのストレスがかかっていたんだと思います。

体つかまれるし、口に無理矢理お薬入れられるし。


ゴンちゃんには辛い思いさせて、最後まで何にもしてあげらませんでした。

申し訳ない気持ちでいっぱいです。


動かないゴンちゃんを見たときは、また死んだように寝てるだけじゃないか、と思いました。

でも、触っても起きないし、目は開いたままだし、手握っても反応ないし。

ごめんね、と何回も言いました。

しばらく体をなで続けていました。

痛かったよね、辛かったよね。

でももう大丈夫だからね。

ゆっくり休んでね。







ニックネーム Stitch at 22:31| Comment(7) | チンチラの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

残念なことに。

約1ヶ月半前から、妊娠疑惑があったゴンちゃんですが…

昨日、流産してしまいました。


ゴンちゃんのおしりから出血しているのを見つけたのは昨日の朝。

その前の夜は何もなかったので、金曜の夜〜土曜の朝に出血し始めたと思われます。

すぐに病院へ連れて行きました。

この時は元気がないってことはありませんでした。


病院で、エコーにより子宮内を見たところ、妊娠した跡はある、ということでした。

でも、お腹の子の心臓が動いているのは確認できませんでした。

まだ1ヶ月半くらいなので、体はまだまだ未熟ですが、いるかどうかは分かります。

ただ何匹いるかは分からないそう。

まだ骨もしっかりできていない状態なので、レントゲンを撮っても分からないらしいです。

確実なことは、少なくとも1匹は流産(死産)してしまったということです。


原因はストレスや感染症など。

また、チンチラは子宮系の病気が多いみたいです。


お腹の中で死んでしまった子は、徐々に形がなくなり、体内では異物となってしまうので、体外へ出さなければいけません。

うまく自然に出せなければ、ゴンちゃんの体も危険になってきます。


先生より治療法を3つ提案されました。

1つは外科的治療(手術)で、子宮ごと取り除いてしまう方法です。

子宮ごと取り除けば異物を完全に体外へ出すことができます。

けれど、手術(麻酔)に対するリスクが高すぎます。


もう一つは抗生剤で感染症を防ぎながら、自然に出てくるのを待つ方法。

これはリスクがないけれど、異物は完全に出てくるとは限りません。

もし、他に生きている子がいればこの方法で様子を見るのがいいのですが、無事に産まれてくる可能性は低いそうです。


そして3つ目は、子宮を収縮させて早産させる方法です。

これも完全に出せるわけではないし、生きている子がいたとしても諦めざるを得ません。


このままの状態で長い間放っておくことはできないし、手術はリスクが高すぎるので、とりあえず1週間、抗生剤で様子を見ることにしました。

出血量が徐々に減ってくればいいのですが、変わらなかったり、異変があったりすればすぐに診てもらいに行きます。


チャーとは、今までずっと一緒のケージで過ごして来たので、急に別居となるとストレスになるし、このまま同居で様子を見ます。

もしチャーがゴンちゃんのおしりを気にしたり、舐めたりするようだったら別居ということで。

ゴンちゃんが病院から帰ってからチャーは、たまにクンクンしながら近づいていきますが、ちょっかい出したり、ずっと気にする様子はなく、離れたところで見守っている感じです。


SSC_4574.JPG


ゴンちゃんの様子がおかしいことに気づいているんでしょうね。


ゴンちゃんは病院から帰った後、ほとんど寝てばかりです。

死んだように寝るので、本当に心配になります。


SSC_4577.JPG


SSC_4573.JPG


起きていてもほとんど動きません。

牧草は少し食べていましたが、ペレットは食べていません。

おやつも食べてくれませんでした。


SSC_4575.JPG


弱ってきているのが目に見えて分かります。


薬を上げる時は抵抗して、キックしたりするのですが、それも少ししたらおとなしくなってしまいます。


この状態では危険だと思うので、様子見てまた病院へ行こうと思います。



こんなことになってしまって、本当に残念です。

何よりゴンちゃんが辛そうなのが私たちにとっても辛いです。

もし赤ちゃんがいたとしても(いるかは分かりませんが)諦めるつもりです。

赤ちゃんを期待し、見守ってくださっていた方々、申し訳ありあません。

ゴンちゃんが1日でも早く元気になるよう、応援お願いします。


ニックネーム Stitch at 11:59| Comment(13) | チンチラの妊娠〜出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする